FC2ブログ

スポンサーサイト

Posted by pitmorioka on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

反ホワイトホースな日々

Posted by pitmorioka on 22.2015 未分類 4 comments 0 trackback
当地は最近は肌寒い日が続いておりましたが今日は5月らしい薫風を感じるお天気になっております。
お天気の話から始まるのはオヤジらしいと言えばそれまでですが…… まぁ 無難なご挨拶になります。

ところで私はお酒は飲めないのですがホワイトホースというウイスキーの古いCMコピーで「一週間が長いなと感じた日の午後は…」というのが印象に残っておりまして……
当ブログが殆ど月刊になっているのに気が付くに及び、反ホワイトホース的に「一ヶ月って早いな…」というワケの判らん表題になっております(笑)

古いCMといえば太田胃散の「タン タンタタン タン」とリポビタンDの「ふぁいとー 一発」は不変であります。
「継続は力なり」とも言いますが半世紀近くに渡って変わらないのは職人的で好感が持てますね。

ところで私的に爆裂的印象度のCMは健康器具の「スタイリー」になります。
呪文の様なBGMとアナクロな映像(当時としても)、そして最後にスタイリーおじさんの「アッメリカで生まれたスタイリー、わったしに電話して下さい。どっぞヨロシク」のコピ-が忘れられません(笑) 
スタイリーおじさん……お元気でしょうか…… どっぞヨロシクであります。

う ぅ ぅ ぅ ん  殆どイミナシの枕になってしましましたが世代が近い方には判るハナシかと思います(笑)


今週末はF1第6戦 モナコGPになります。  ホテルやヨットから観戦できるセレブなお祭りです。
パワーがモノをいうコースではありませんのでホンダエンジンも希望が持てますが……
マクラーレンはQ1突破で騒ぐ様なチームではありませんので本来の位置に戻ってほしいモノではありますね。

今月はホビーショーなんかもありましたが目玉的なモデルは少ないです。
業界的にイマイチ感が漂っている様な気がするのはマチガイであってくれればよいのですが……
と、いうトコロで最近の入荷モデルのご紹介になります。


レイズ 1/43 スバル レガシィ B4 2.5GT 2013 福島県警察特別警ら隊車両 (ウルトラ警察隊)  6695円

ミニチャンプス 1/12 ヤマハ V-MAX 1993年 レッドメタリック                  18140円

ミニチャンプス 1/18 ポルシェ 991 ターボS 2013年 レッド                   19980円

ミニチャンプス 1/18 ポルシェ ボクスター S 981 2013年 シルバー             19980円

ミニチャンプス 1/18 マクラーレン MP4/29 K.マグヌッセン 2014年 No20          18140円

ミニチャンプス 1/18 マクラーレン MP4/29 J.バトン 2014年 No22              18140円

ミニチャンプス 1/18 ロータス E21 K.ライコネン 2013年 オーストラリアGP優勝 No7   15980円

エブロ 1/18 モチュール オーテック GT-R 2014年 スーパーGT Rd.2 富士 No23   25920円

オートアート 1/18 ランボルギーニ カウンタック 25th アニバーサリー  シルバー    27860円

オートアート 1/18 日産 スカイライン R32 GT-R プレーンボディ ブラック        19980円

オットーモービル 1/18 オペル コモドア B GS/E ハードトップ レッド/ブラック     15660円

オットーモービル 1/18 アルピナ B7 ターボ ブルーメタリック                15660円

ディズム 1/43 ケンメリ スカイライン HT2000GTX-E/S シルバー           4860円

ディズム 1/43 ケンメリ スカイライン HT2000GT シルバー               4860円

ディズム 1/43 ケンメリ スカイライン HT2000GT ホワイト                4860円

スパーク 1/43 ポルシェ 956 1985年 ルマンウイナー No7              7560円

スパーク 1/43 ポルシェ 911 GT3 2014年 ニュルブルリング ハリボーレーシング No8  7560円

スパーク 1/43 BMW 2002 1977年 ゾルダー GR5 No7                7340円

スパーク 1/43 フットワーク FA12 1991年 モナコGP M.アルボレート No9     7340円

スパーク 1/43 ポルシェ 911S 1970年 モンテカルロウイナー No6          7340円

スパーク 1/43 ポルシェ 935/78 モビーディック 1978年 ルマン No43       7340円


オットーモービルのモデルはGTスピリットと同等の綺麗な仕上がりですが幾分値段は低めになっております。
ですがモデルの梱包は中国製のフィギュアみたいな素朴なモノでして同じメーカーとは思えません。
今月から輸入代理店が京商に変わりました。

スーパーGTの1/18モデルは以前はオートアートが製造しておりましたが2014年度のチャンピオンモデルはエブロからの発売でしてモデルは展示用のケースに入っております。

ディズムのケンメリはダイキャスト製でして仕上がりも値段もホッコリとしております(笑)


さてさて、サガリスが散ってしまったF様でありましたが逆襲のデルタが仕上がったそうであります。

del2.jpg

一見すると以前とは別段変わった様には見えません。


del4.jpg

エンジン全景ですがマニホールドがキラリと光っております。

del6.jpg

別の角度から撮影してみました。 キレイな仕上がりですがモンスターなんだそうです……

コレは私にはさっぱり判りませんが助手席に乗ったMO様が驚嘆しておりましたからスゴイのだと思います。
解説は何時か是が非でもF様直々にお願いしたいトコロではあります。
当然なのかもしれませんが、腰下も割っているそうです…… 「そのとおりです」と申しておりました(笑)

慣らしも終わって「全開でもイけます」とのコトでしたが恐ろしげでもあります。


と、いったトコロで今回の「ニッチな…」は映画編でキーワードは「ホワイトホース」になります。
殆どイミナシですが「一週間が長いな」と感じる時に観ると良い映画とでも言いますか……何のコッチャ…


気狂いピエロ  Pierrot Le Fou  ジャン=リュック・ゴダール  Jean-Luc Godard   1965年

こりゃまた古い映画ですが色褪せない斬新さを持っており意外に現在観た方がしっくりくるかもしれません。
断片的な映像や音楽、湧きあがる言葉の数々、刹那的な衝動といった映画における「フリーインプロヴィゼーション」とでもいう様な作品ではないでしょうか…
より革新的でヌーヴェルヴァーグらしいのはデビュー作 À bout de souffle かと思いますがボンヤリと観るのにはコチラが好適ではないかと思います。 ブツブツとした言葉の洪水に溺れるコトが出来ます。


メン・イン・ブラック 3  Men in Black III    バリー・ソネンフェルド  Barry Sonnenfeld  2012年

こりゃまた上記から一気に47年も後の映画になります。しかも意外に「ココらしくない」映画かもしれません(笑)
タイムトラベルして辿り着く先は1969年のニューヨーク!! これが良く再現されておりますね。
ヌーヴェルヴァーグはアメリカンニューシネマに多大な影響を与えたと思いますが正にその時代であります。
ウォーホールとその周辺もソックリで思わず笑みがこぼれる様な「あの時代」の再生です。
同監督の Wild Wild West はベクトルは同じかと思いますがラジー賞を総ナメって… 私は好きですが…


ノーカントリー  No Country for Old Men   コーエン兄弟  The Coen Brothers  2007年

こりゃまた上記の新旧エージェントKが揃って出演しております。 とは関係なく異色ながら抜けた映画です。
コーエン兄弟の映画はヒネた脚本が特徴とも思いますがコイツは意外に剛球一直線です。
それでいながら含みのあるセリフが物語に陰影と深みを与えているのではないでしょうか……
異色中の異色とも言うべき点は「音楽が無い」という点でして、そのせいか言葉のひとつひとつがモノローグの様に感じられココロにシミわたります。
エンドロールが始まっても暫くの間は無音でして、ほどなくして流れる音楽がオレゴンみたいで「カッキイイ、ヤラれた」と思いました。


日本は南北に長いので南の方では梅雨入りした地方もある様です。
当地はまだ先のコトになりますがジメジメの季節が来る前に映画&ミニカー三昧なんて素敵なコトではないでしょうか?


ところで Men in Black III では懐中時計が意外なキーポイントになっております。
MO様は出先で偶然この映画を観て「おぉぉぉ」と思ったそうです。
また最近は「おぉぉぉ」と思う様なお宝クジも引き当てて羨ましい限りであります。

ところで私のヤフオク再デビューは例によって来月以降になりそうです(笑)

▶ Comment

おはようございます。

カステラ一番、電話は・・・っていうコピーも忘れられませんね。あぁ、オッサンです(笑)

デルタ、エンジンルームがとても綺麗ですね!
相変わらずギチギチなので何が変わったのか分かりづらいところですが(汗)
やはりタコ足は目につきますね。


MO様のお宝、気になりますね〜!!
2015.05.23 03:57 | URL | デテントクロノ野郎 #- [edit]
みなさまこんにちは。Fでございます。呼ばれたような気がしたので参上です。

>デテントクロノさま
お久しぶりです。興味深い記事、いつも楽しく拝見させて頂いております。

我がデルタ、今年で21年選手ですが、(車としては)ご老体に鞭打って、フルコースでリフレッシュいたしました。
デテント様のお察しのとおりエンジンも開け、各部を新品強化品に置き換え、きっちりバランスも取りました。澄んだように吹けあがります。
タービンもOHし、コンピュータも変更、EVCにてブースト圧・タイミングを徹底的に管理しております。おかげで低速・低回転からの瞬発力はケタ違いです!(ドッカン特性は消えましたが・・・)
排気系もご覧のとおりタコ足から後ろは総とっかえし、足回りも作り直しです。特にショックはWRCカーが使用していたものと同じバルブを流用した特注品です。
他にも電装系を全て見直したり・・・ここには書ききれませんが、とても満足する車に仕上がりました。

唯一手を加えていないのはボディの塗装くらいでしょうか(笑)

デテントさまとなると多くのスーパースポーツをドライブしたことでしょうから、いじったデルタなどカワイイものかもしれませんが、楽しいですよ!ぜひとも乗って頂きたいですね!

興奮しすぎて語りすぎました・・・長文乱文失礼しました(>_<)
2015.05.23 12:58 | URL | F #QBobH/DM [edit]
こんばんは。

F様、お久しぶりでございます。
おぉぉ凄いとしか言いようがありません・・・
旧い車=愉しむだけのクルマという図式を見事に壊してまして素晴らしいです。

私も昔EVO1でしたがデルタを持っていましたので、その凄さは十分に分かりますよ。
2015.05.24 19:19 | URL | デテントクロノ野郎 #- [edit]
ナボナはお菓子のホームラン王です。
MO@クルマは愛だ、でございます。

F様のデルタ、助手席体験をいたしました。
久々に内臓が重力に逆らう加速を味わいました。
さすがフルチューン・デルタ、驚速であります!
敵なしでありますな。

で、私のほうは、R31GTS-Xが車検に旅立っておりまして、代車生活中であります。

代車は・・・・



・・・・・・・・・・GTS-Rです(意味不明)

5,000回転~の快音は脳みそ溶けます(愛)
鼻から少し漏れてきました。


主様がおっしゃっていた「おぉぉぉ」なお宝とは、
えーっと、
Qと五とゼロがついた時計であります。

2015.05.25 22:13 | URL | MO@クルマは愛だ #JyN/eAqk [edit]

▶ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://pitmorioka.blog119.fc2.com/tb.php/250-700991ea
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。