スポンサーサイト

Posted by pitmorioka on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

盤石のベッテルとプログレ三昧

Posted by pitmorioka on 23.2013 未分類 4 comments 0 trackback
今日は2週続いた連休の最終日ですね。
盛岡は爽やかな秋晴れで絶好の行楽日和になりました。

お店的には静かなモノでイマサン感は拭えませんが連休はこんなモノです。

昨日はF1 シンガポールGPが開催されました。
結果は予選の段階での予想通りにベッテルが「横綱相撲」とでも言うべき圧倒的な勝利をおさめました。

余りの速さにレースの興味はトップ争いよりも中段のバトルに移ってしまうという状況……
特に終盤のバトルは見応え十分でライコネンがバトンをアウトから強引に抜いていった場面なんぞは「おぉぉ」と唸ってしまいました。

来季のフェラーリではアロンソと組んでどんな走りを見せてくれるか楽しみです。

しかしながら今のベッテルには不安要素は全く見当たりません。
前回に続いて今回も出たギアボックスのトラブルがちょいと心配ですが……

今回はウェーバーがファイナルラップで止まってしまいましたが何となくベッテルは大丈夫そうな気がします。

アロンソはまたしても「ベストを尽くして」の2位表彰台……
グリッドを考慮すると最高のリザルドですが前にはまたしてもベッテル……

な~んかベッテル4連覇の可能性ばかりが高くなってしまいますね。

ベッテルがキライな訳ではありませんが「なんだかなぁ」と思うのは私だけではないかと……

ところで今回はアロンソのマシンにウェーバーが乗った「F1タクシー」行為で戒告を受け、結果累積戒告3で次戦の予選10グリッド降格が決まりました。

スチュワードの決定とはいえ何か大人げない様な気がしないでもありません。

シューマッハ車に乗ったアレジやマンセル車に乗ったセナなんかが記憶にありますがファンにとっては「結構イイモノ」として記憶に残るものと思うんですがどうなんでしょうか……


全然関係ないですが昨日Kさんが来店して「9月23日はプログレの日だよ」といっていたので「なにソレ」と聞いたトコロ、本日23日にNHK・FMで「今日は一日プログレ三昧」という10時間の番組があるとのコト……

で、今も聞いているんですが懐かしい曲がバンバン掛かってナカナカにオモシロイです。

なにせ「プログレ」なんて言葉は一時は口にするのもハズカシイ様な死語になっておりましたから……
クリムゾンやピンク・フロイドはもとよりカンやハルモニア等のドイツ勢、ヘンリー・カウやユニヴェル・ゼロ
の様なマニアライクなグループも紹介されておりました。

しかしながら加藤登紀子さんがカサブランカ・ムーンのカヴァーをしていたのはオドロキでしたね。

Kさん曰く「今は再びプログレの時代だよ」って「ホントかいな」ではありますが時代は巡って再評価される頃合いなのかもしれないっていうのは確かであります。

また「結構若い人も聞いてるよ」って言っておりましたので「若い人って何歳くらい?」聞いたトコロ「30歳位…」って30歳は若いんだろーか?……まぁ我々よりも若いのは確かだが10代ではないのも確かであります。

その時にKさんが持ってきてくれたルー・リードのメタル・マシン・ミュージックをオーケストラで演ったヤツというのが凄まじかったです。

Zeitkratzerというモノで、確かにあの眩暈のする様なノイズの奔流を再現しておりました……


まぁプログレなんて元々マイノリティな音楽ですが興味のある方はお店に遊びに来て下さい。
結構な数のライブラリーがありますので何時でもお貸し致します。

▶ Comment

私も番組聴いておりました。
仮にも仕事中でしたのでお恥ずかしい話ですが…
ウチの社員が帰った後も、ずっと部屋にこもりっきりで、結局お昼から夜の11時までフルで聴いてしまってました(笑)
私も性に合うのかプログレッシブロックが昔から大好きでした。

K様の仰るとおり、最近ではなぜか若い世代も聴いていて、以前名古屋の支社へ視察した際、ひとりの若い社員とプログレ話で意気投合しました。
変人オヤジの私からすれば、とても嬉しかったですね。
2013.09.24 09:14 | URL | デテントクロノ野郎 #- [edit]
デテント様 こんにちは 主であります。

おぉぉ まさかこのマイナーなミニカーブログ?をご覧になっている方でアノ番組を聞いている方がいるとは夢にも思いませんでした。

しかも全部聞いたとはスンゴイ事ではないでしょうか……
ラジオの良いトコロはナガラで聞けるという点かと思います。
映画の様に視覚が伴うと10時間はサスガにキツいんですが聞きナガラですと他の事も出来るんで昔は職場にもラジオが流れたりしていました……

何かデテント様はとは世代が近い様なカンジが致します。

私は「新人類元年」の1960年生まれですが11月に53歳になるという恥ずかしげなオヤジ世代になります。

ところで「新人類」という言葉は1980年位に当時のオジサマ方から私達の世代が頂戴したコトバでありまして「イマドキの若いヤツは判らん」の代名詞です。

新しくて異質な世代と言われておりましたが定義として1960年以降の生誕というのがありました。

時は流れ、変わって私達の世代が「イマドキの若いヤツは判らん」という年齢に達しました……

アタマの中身は当時とさほど変わらない様な気がするんですが「セラヴィ」ですね。
2013.09.25 16:15 | URL | たがはずれ #JyN/eAqk [edit]
私は昭和34年生まれですので、私の方がひとつ上ですかね。
まあ、世代は同じでしょう。
私も、主さんと趣味の方向性がそっくりだなあと思っていた次第であります。

最初は、共通の趣味の仲間内で、ひとりのが強烈なミニカーマニアの方がおられるのですが、彼が「ミニカー屋のブログなのに、なぜか実に面白いネタを書いている人がいる」と言って話題になり、私もこちらに辿り着きました。
私も、我が愛車をもう1台変えるくらいミニカーに投資してきたバカモノで、かなりのミニカーマニアを自負しておりますが、彼には遠く及びません。
今では、仲間内全員が愛読者となっております(笑)

2013.09.25 18:35 | URL | デテントクロノ野郎 #- [edit]
デテント様 こんばんわ 主であります。

そうですか……やはり同世代の方でしたか……
私と同様にあの「70年代」に多感な時期を過ごされた世代になるわけですね。

私は自分が別段アナクロとは思っておりませんが70年代は独特の輝きがあった様に思います。
ネットやスマホはおろかDVDやCDすらも無く、アナログ一辺倒の時代ではありましたが……

キーワードは「人力」。
プログレ三昧でも言っておりましたがマシンで打ち込むのではなく「ヒトのチカラ」によって地道に創り上げていく時代だったんだと思います。

音楽に限らず映画や絵画、デザインの域でも同様かと……

クルマなんて断然60~70年代のクルマの方がカッコイイと思うんですが気のせいでしょうか……

250GTOや117クーペの様に手で叩いて造ったラインはCADの三次曲線を遥かに凌駕する官能性を持っている様に思えてなりません。

シツコイようですが私は決して懐古主義者ではありません。

デジタルにはデジタルの良さが当然ありますから要は取捨選択がダイジだって事かと思います。

デテント様をはじめ皆様方にはお時間がある時には今後も貴重なご意見を賜ることが出来ればと思っております。

それでは今後ともご笑覧を宜しくお願い致します。
2013.09.26 18:40 | URL | たがはずれ #JyN/eAqk [edit]

▶ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://pitmorioka.blog119.fc2.com/tb.php/203-5de1fa33
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。