スポンサーサイト

Posted by pitmorioka on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エブロとか入荷しました。

Posted by pitmorioka on 16.2013 未分類 4 comments 0 trackback
先日の突然の豪雨には驚きました。
矢巾地区や繋、雫石地区では大きな被害になり、被災した方々には心よりお見舞い申し上げます。

暑い日々が続いておりますが明け方は大分涼しくなり、去年よりは過ごし易い様な気がします。
今日は送り盆になり、盛岡では舟っこ流しや花火があります。
いつもの夏の風物詩になりますが、なかなかに風情があって良いものですね。

先日ですがエブロやスパークの新製品が入荷しました。


エブロ 1/43 D・ステーション アドバン GT-R 2013年 スーパーGT No24   6825円

エブロ 1/43 ARTA HSV-010 2013年 スーパーGT No8          7770円

エブロ 1/43 S・ロード NDDP GT-R 2013年 スーパーGT No52      6825円

スパーク 1/43 BRM P261 1964年 モナコGPウイナー No8 G・ヒル     6500円

スパーク 1/43 マクラーレン M2B 1966年 イギリスGP No14 B・マクラーレン 6500円

ビジョン 1/43 ポルシェ 917K 1971年 ルマンウイナー No22        25200円



ビジョンの917Kは流石の仕上がりで素晴らしいです。
ただしビジョンは元々は「アイドロンよりはお求め易く」っていうのがウリの筈でしたが最近はアイドロンと変わらない様な価格帯になってしまいました…

まぁ仕上がりはアイドロンと殆ど変らないので内容的には「全く持って別に良い」のではありますが、いささか画竜点睛を欠く様な気がしないでもありません。


今年は暦からすると長いお休みを取り易かったと思いますが、もうすぐ「大人の夏休み」も終わるかと思います。
「夏休み」なんて聞くと甘酸っぱい記憶が甦る方も多いかと思いますが……

私はと言うとビターな思い出ばかりが甦って「コウベを垂れる」しかありません…


という訳ではありませんが「暑気払い」の映画編のご紹介です。


都会のアリス  Alice in den Städten  ヴィム・ヴェンダース  1973年

ヴェンダースというと「パリ・テキサス」や「ベルリン・天使の詩」が代表作かと思いますが初期のロードムービー3部作の第一作にあたるコレはエヴァーグリーンです。
「無垢な少女による彷徨える魂の解放」とでも言うんでしょうか… 
無名性と瑞々しさはヴェンダースの中でも一番かと思います。


バッファロー'66  Buffalo '66  ヴィンセント・ギャロ  1998年

多彩でユニークな才能を持つギャロの初監督作品。
初見の時には抑制の効いた画調とクリムゾンやイエスの曲を使う感性が印象に残りました。
記念撮影?の場面は「多分にゼッタイ」上記、都会のアリスへのオマージュだと思います…


フィツカラルド  Fitzcarraldo  ヴェルナー・ヘルツォーク  1982年

アマゾンの奥地にオペラ座を造るという妄想じみた思いに憑りつかれた男の物語です。
怪優クラウス・キンスキーの熱演と本物の船が山を登る場面が見応え十分です。
現代人の「忘れてしまった何か」を思い出させてくれる映画ですね。


ところで「夏」って言葉は何やら素敵な響きがありますね…… 「君がいた夏」とかいう様に…
 
特に若い頃の「夏」はトクベツです。 イミも無く浮かれてしまう愉悦性を感じてしまいます。 

でも30年経つとそれは蜃気楼やウスバカゲロウの様に「儚いモノ」だった事に気が付きます。
まぁ「楽しめるウチに楽しむ」というのがイチバンでしょう……


F1も夏休みですし、そろそろ懐中時計の画像公開もしたいと思っております。

▶ Comment



いつも楽しく読ませて頂いてます。

一応、1基ですがピボテッドデテント持っています。
なんとも心地の良い、デテント特有の音が堪りませぬ。


うーむ、バッファロー’66。
私も同感というか、全く同じ印象を受けましたね。
やっぱり私だけではありませんでしたか(笑)


私は、
金環蝕(山本薩夫) 1975年
飢餓海峡(内田吐夢)1965年
が好きです。

もう、ここ数年は観ていないのでまた観たいですね。
2013.08.18 21:30 | URL | デテントクロノ野郎 #- [edit]
毎度楽しく読ませて頂いてます。

一応、ピボテッドデテントですが1基持ってます(笑)
デテント特有の心地の良い音が堪りませぬ。
やはりデテントにはフュージーです。


バッファロー’66、私も同感というか、そう感じずにはいられませんでしたね。
同じ印象を持ったのは、私だけではありませんでしたか(笑)


私は、
飢餓海峡(内田吐夢)1965年
金環蝕(山本薩夫)1975年
がまた観たいですね。



2013.08.18 21:40 | URL | デテントクロノ野郎 #- [edit]
2013.08.22 19:09 | URL | たがはずれ #JyN/eAqk [edit]
こんばんは 主であります。

そうですか やはりお持ちでありましたか……
SでもPでもいいので私も欲しいので探してはいるのですが…

数ヶ月前にヤフオクで精工舎のマリンクロノメーターの状態の良い出物がありました。
「50万位なら欲しいなぁ」と甘い考えを持ってておりましたが90万を越えていったので当然諦めました…


飢餓海峡(内田吐夢)1965年  金環蝕(山本薩夫)1975年
上記は両方とも未見です…

邦画は余り得意ではないので…(恥ずかしながら小津安二郎さえ殆ど未見)

邦画で未だに見たいと思うのは1980年位に見た「狼」というヤツです。
確か宇崎竜童の監督作とかとの3本立てで新宿辺りで見た記憶があります。

DVDとかあるんでしょうか…

ご存知の方がいらっしゃいましたら是非とも教えて頂きたいです。
2013.08.22 19:11 | URL | たがはずれ #JyN/eAqk [edit]

▶ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://pitmorioka.blog119.fc2.com/tb.php/197-8091ff6f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。