FC2ブログ

スポンサーサイト

Posted by pitmorioka on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミニチャンプスが入荷しました。 あとスチュワート&ガスキンです。

Posted by pitmorioka on 24.2012 未分類 0 comments 0 trackback
ここ数日は日中の寒さが大分やわらいできました。
日も長くなり春の気配も幾分感じられる今日この頃です。
本日はミニチャンプスの新製品が入荷しました。


ミニチャンプス 1/43 マクラーレン メルセデス MP4/26 2011年 ハミルトン  6825円

ミニチャンプス 1/43 レッドブル レーシング RB7 2011年 ベッテル       6825円

ミニチャンプス 1/43 ロータス ルノーGP R31 ハイドフェルド 1stポディウム  6825円

ミニチャンプス 1/43 ロータス ルノーGP R31 ペトロフ 1stポディウム     6825円

ミニチャンプス 1/18 シトロエン 2CV 1980年 チャールストン         10290円


2010年の本戦仕様に比べると2011年仕様のF1は、まぁ幾分マトモにリリースされております。
マクラーレンのシルバーはスパークよりも綺麗な仕上がりでミニチャンプスファンは溜飲を下げる思いでしょう。
レッドブルもスパークのリリースが無いので貴重な存在です。


ところでスチュワート&ガスキンというユニットをご存知の方は……殆どご存知ないと思いますが……
今から20年位前にソコソコというか幾らか売れたバンドなんですが、名前のとおりデイブ・スチュワートとバーバラ・ガスキンの2人のユニットになります。

コイツを最近フトした拍子に聞いて今更ながらにハマっております。
20年位前のアルバムですから既にクラシックというかヴィンデージな訳ですが今聞いても古さは感じられず「ツボを押さえた」玄人好みのサウンドを展開しております。

それもそのはず、デイブ・スチュワートは元々はプログレの御大であります。
ちなみにユーリズミックスのデイブ・スチュワートとは違います。 単なる同姓同名です。
しかしながらアッチもアニー・レノックスとのユニットですね。
ちなみにユーリズミックスの前身はツーリスツというグループですがコイツは肌触りが似ています。

こっちのデイブはエッグをかわきりにハットフィールド・アンド・ノース、ナショナルヘルス、ブラッフォードといったグループを渡り歩いたカンタベリーファミリーの中でも重要なキーボーディストであります。

プログレファンであれば誰でもがご存知かと思います。

発売当時はプログレ関連の印象が強かったので「なんで今更ポップスやねん」と余り評価はしませんでした。
しかもLPレコード!!で買った為にそのうちに棚のコヤシになっておりました。

それがCDで入手してからは愛聴盤に変貌してしまいました。

ソフトフォーカス気味でモワァ~としながらパースの強い音はカンタベリーそのものです。
サラッと聞くと耳当たりの良いポップスですが音量を上げて聞くとディティールの構築はプログレです。
カバー曲も多いのですが選曲とアレンジの良さは流石で職人芸の域に達しております。

バーバラのベルベットを思わせる様なフラットでスムースなヴォーカルも素晴らしいです。

人によっては「こんなエッジの利かない音はイヤだ」という方もいるかと思いますがカンタベリーの音は元々モワァ~として掴みどころがない音なんですね。

逆にプログレっぽい音が好きな方は「結構イケルんじゃないですか」と思うのではないかと…

間口は広く、奥は深いという理想的な音楽だと思います。 まぁ幾分オタク系の匂いはしますがね…
私見、凡百のポップスには成し得ない高みに達していると思うのですが知名度は……全然ですね。

最近は店のBGMでよく流しているんで常連様は「またコレか」と思っているかもしれませんね。

スチュワート&ガスキン 英字で略すとS&G これでは99.99%でサイモンとガーファンクルになってしまうでしょう。
彼らもその辺は判っている様で&ではなく/を使い Stewart/Gaskinとなっています。

興味のある方は是非是非お声を掛けてください。CDR作成致します。

▶ Comment

▶ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://pitmorioka.blog119.fc2.com/tb.php/127-975b84bb
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。