スポンサーサイト

Posted by pitmorioka on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オドロ木、桃の木、お化けのカー

Posted by pitmorioka on 13.2016 未分類 29 comments 0 trackback
全国のミニカーファンの皆様、おはようございます。

暑くて目が覚めると本日はお盆ではありませんか… …

ここ数カ月は心身共にイマサンの状態でご無沙汰しておりました。
店舗はフツーに営業しておりましたがココロは浦島状態の店主でありますね。


実は昨日に目の覚める様なコトが二つ程ありまして「コリはイカン」と久方振りの更新となりました。


まずは前回更新時(3月31日!!!)のコメントを昨夜遅くに何となく見てみたトコロ投稿数が5から6に増えているのに気が付きました。

しかも日が空いたせいか「承認待ちコメント」とかなっており… (私以外は閲覧不可)

投稿日は8月6日… 「何事か」と見てみるとbye-bye-man様の名があり… …


ぬぁんと Mr.bye-bye-man in Japan 日本に来ちょるんですと!!!!!!

しかも北海道の留萌におる!!!!  留萌鉄道ロンジン… …

で、翌日(7日)に当店に立ち寄ろうかというコトでありましたが… … 私が見たのは13日の夜中の1時過ぎ… …


これは大変申し訳ございませーーーーーん  としか言い様がない事態となってしまいました… ハァ

7日であれば丁度MO@クルマは愛だ様もいらっしゃったのでありますが… …残念無念であります。

何と言いますかこの場を借りて心からお詫び申し上げます。

全ては店主の慢心からの大ポカでした… … 泣




お次は目の覚める様なおクルマを撮影させて頂きました。

枚数が少なすぎて良い画像が無いんですが… …


rolls1

弩級のスーパーサルーン  ファントムです。 時間が無くて実にマズイ写真ですが実車はスゴイです。

全長約6m、全幅約2m、6750cc V12 2.7tというキラキラのモンスターです。
何と言いますか、兎に角デカいです。 ミニカーで言えばスケールを間違えた様な大きさです。
殆ど違和感に近いマスと近寄り難いオーラをまとったクルマです。




rolls2


一般的な感覚からすると本体価格は勿論ですが税金等の維持費も殆ど死亡物件になりますね。
こちらやアストン、ベントレー等は乗り手の品格も問われる様なクルマかと思います。
こういったクルマに違和感無く乗り込める方々が羨ましい限りであります。



実はスーパーヤングのF様も同じ様な色(ブルーメタリック)のおクルマを購入されたとか… …
私は未だ拝見しちょりませんが早く見せて頂きたいモノです。



今回は号外的な更新ですが「ニッチな… 」のコーナーは、何故か最近私的には結構な頻度でに聞いているスミスからセレクトしました。


80年代の雄?とも言えるイギリスのバンドであるスミス。
The Smithsとザが付くんですが何となく「スミス」と言ってしまうのは間違いなのかもしれません… …

ギター、ベース、ドラムスとシンプルなバンド構成ながらモリッシーのヒネた歌詞とマーの循環コードのギターが印象に残る楽曲が多く、意外に後世に与えた影響は大きいのではないでしょうか。

活動期間やアルバムは多くはないのですがシングルが多い関係もあって私的なチョイスを5曲程…


ビッグマウス・ストライクス・アゲイン   Bigmouth Strikes Again   1985年

マーのキレの良いギターワークがかっきい曲です。
「ほら吹き野郎にまたしてもヤラれた」とでも言うんでしょうか… イカシたタイトル!!!


ゼア・イズ・ア・ライト  There Is a Light That Never Goes Out  1985年

これは歌詞も曲も切ないです!!! (ふいに聞くと泣けてしまう位に)
当時のアイコンたるモリッシーの声の表現力には脱帽ですね。


ヘヴン・ノウズ  Heaven Knows I'm Miserable Now  1984年

「明るい曲調に風刺の利いた暗い歌詞」というスミスの真骨頂!!
ファルセットがキライな方には向きませんが… …


ザット・ジョーク・イズント・ファニー・エニモア  That Joke Isn't Funny Anymore 1985年

正しくタイトル通りとしか言い様がありません。気が遠くなる程の閉塞的な解放感??
ラストのリフレインが心の奥底に届きそうな曲です。


サファー・リトル・チルドレン  Suffer Little Children  1984年

これは暗いです。曲も歌詞も暗いです。しかし正しくスミスです。
でも1曲と言われたら選ぶかもしれない私的な名曲です。


次点はありすぎるんですがスミスとしては異彩なHow Soon Is Now?を挙げておきます。
デレク・ジャーマンの手によるPVが文句なしにかっきいです。(タコ踊りもある)

Hand in GloveやThe Boy with the Thorn in His Side がモレましたが貴方のオススメはなんでしょうか(笑)




今回は「た、たいっへん 申し訳ありゃぁせんでした」的な号外的更新でした。
システマティック作戦は既に崩壊しましたが、もうちっと頑張ります。

北海道の留萌ですか… 
留萌鉄道のロンジンは何処へ行ってしまったのでしょうか… 独り言です。
スポンサーサイト
 HOME 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。