スポンサーサイト

Posted by pitmorioka on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年もお世話になり大変有難うございました!!!

Posted by pitmorioka on 30.2014 未分類 5 comments 0 trackback
2014年もいよいよ残り僅かとなり、PIT盛岡店の本年の営業も終了致しました。
皆様のお陰をもちまして今年も無事に過ごす事が出来ました。 大変有難うございました!!!

今年はカレンダーの関係からか長いお休みの方が多いみたいです。
「年末年始は海外で…」という方も例年以上に多いのではないでしょうか……
ワタクシめも「何時かは…」と思っておりますが、やっぱり全然ムリみたいです(笑)

当地は降り始めからの雪が予想以上に多く、路肩の雪が山の様になっている場所が多いですね。
日本海側に比べるとカワイイものかと思いますが皆様もクルマの運転には充分にご注意下さい。


さて最近入荷したモデルのご紹介なんぞをしてみたいと思います。


トゥルースケール 1/43 マクラーレンMP4/2 No8 N.ラウダ 1984年WC サイン入り    13390円

トゥルースケール 1/43 アルファロメオ TIPO33ストラダーレ No348 ボローニャ ヒルクライム  8420円

トゥルースケール 1/43 アルファロメオ TIPO33/3 No5 タルガフロリオ71 優勝車         8420円

トゥルースケール 1/43 アルファロメオ TIPO33/3 No30 R.ピーターソン ワトキンスグレン   8420円

トゥルースケール 1/43 アルファロメオ TIPO33/3 No36 ロングテール 1970年 ルマン     11880円

スパーク 1/18 マトラMS80 No20 J.スチュワート 1969年イタリアGP 優勝車       18900円

スパーク特注 1/43 ポルシェ997GT3R No47 R.デュマ パイクスピーク 2012年      7450円

スパーク 1/43 シボレー コルヴェットC7 2013年 レッドメタリック            6800円  

スパーク 1/43 トヨタ TS040 No8 A.デビッドソン他 2014年 ルマン          7125円

スパーク 1/43 マクラーレンM4B No16 B.マクラーレン 1967年 モナコGP      7125円

スパーク 1/43 ブラバムBT33 No12 J.ブラバム 1970年 南アフリカGP 優勝車  7125円

ビザール 1/18 ナルディ ルマン No61 1955年 ルマン                21060円

マテル 1/18 フェラーリ F14 No14 2014年 F・アロンソ                   19440円

マテル 1/18 フェラーリ F14 No7 2014年 K・ライコネン                  19440円

オートアート 1/18 トヨタ スプリンター トレノ AE86 新劇場Ver           19220円

アイドロン 1/43 マツダ 787B No55 J・ハーバート他 1991年 ルマン 優勝車      35100円


今回は注目モデルが目白押しですがイチオシはビザールのナルディです。
1/43モデルの時も「よくぞ造ってくれました!」でしたが今回は「おぉぉぉっと1/18!」と言いますか正にミニマックスの真骨頂とでも言いますか…… 他メーカーからは発売されるコトはないでしょう……

トゥルースケールからは随分以前の発注分がドドッと発売されました。
ラウダのサイン入りのMP4/2は直筆サイン入りの割にはお求め易い価格でオススメになります。
TIPO33関係も沢山発売されましたがミラーのステーが細く、綺麗な仕上がりで良いモデルです。
グランドスポーツなんかも昔のユニバーサル以来の久々のモデルになります。

1/18のフェラーリF1はマテル位しか選択肢がありません… アロンソは最後ですし良いかも… です。
アイドロンの787Bは手堅い仕上がりでオススメですが白台座がショート入荷で黒台座だけになります。


話は変わりまして最近意味もなく「正体不明のブツ」を何となく購入致しました……
コレが一体何なのか、どの様に使うブツなのか全く判りません(壊れております)

例によってご存知の方がいらっしゃいましたらご教授下さいませませ。

pate_edited-1.jpg

ダイヤルに KORDEN COUNTER PATENT の文字が書かれておりますが良く判りません。
特許を取得しているのかと思いますが何をカウントするブツなんでしょうか…
上部の棒状のモノを押しながら回すと長剣と短剣が物凄くユックリと回ります。

pate2.jpg

機械部分はこんなカンジでしてモノメタルのテンプとハック機能らしきモノが見えますが何しろ動かないので機構等も全くもってよく判りません。
中央の丸いヤツが香箱だと思います。 裏蓋にスライドする小さな窓みたいなヤツがありましてソコから鍵でゼンマイを回す様なカンジではありますが…… 輪列も良く判りません……


pate3.jpg

で、一枚目の画像で「ハテ?」と気が付いた方は物凄い注意力です!!!
下部のツマミを回すとスモセコのダイヤルが回ります!!!  全く持って意味不明!!!
左側がフツーの状態、でもってツマミを回すと右側の様にダイヤルが回るんです… って一体……何なのか…

年末ですので珍品と言いますか正体不明の逸品?で締めてみました(笑)


で、「ニッチな…」のコーナーは魅惑の女性ヴォーカル編そのニになります。
キーワードは「オンリーワン」でして、まぁ唯一無二とかいうカンジでしょうか… 当然ナンバーワンではありませんが当ブログならではのラインナップと言えるかもしれません(笑)
私的な趣味なので以前のアルバム紹介と一部重複するのはお許し下さい。


ダグマー・クラウゼ  Dagmar Krause    ライディング・タイガー  Riding Tigers
from 悲しみのヨーロッパ  Desperate Straights  1975年

また出たダグマー嬢(笑) ダグマー・クラウゼと言いますと Living in the Heart of the Beast や Just a Conversation、Casablanca Moon といった辺りが頭に浮かぶんですが、この小品を取り上げたのは「多分誰も気にもかけない」であろうという点と you and I grow old と呟くラストが身に沁みる年になったからです(笑)
アルバム名からして「絶望へ一直線」… カラオケで歌われるコトは絶対ない曲のひとつかと思います。


ジョニ・ミッチェル  Joni Mitchell    ヘルプ・ミー  Help Me  
from コート・アンド・スパーク  Court And Spark  1974年

例によってジョニ・ミッチェルですと Mingus や The Hissing of Summer Lawns がスキですが本作や Blue は妙に才気走ったトコロが無くて心地よく聴ける名作かと思います。
元々はフォーク系のシンガーソングライターなのかもしれませんが非常にフトコロの深い音楽家ですね。
絵画や写真の腕前も大したモノでジャケットは自作のものが多いです。


バーバラ・ガスキン  Barbara Gaskin    シャドーランド   Shadowland
from ザ・ビッグアイディア  The Big Idea   1990年

多分一番スキかもしれないバーバラ嬢(笑) 聴き様によっては単に通り過ぎるだけの声に聞こえるかもしれませんがフラットでスムースなヴェルヴェットヴォイスは私的には絶品デス。
他アルバムでもメローな Your Lucky Star、 聖なる Star Blind、ポップな Leipzig や My Scene、Amelia や Levi Stubbs’ Tears といったカバー曲等、聴き所満載の素晴らしいユニット!!(だと思うんですがねぇ~)
聴けば聞く程に味わい深く、アキのこないスルメの様な逸品かとおもいます(笑)


番外として……

ローリー・アンダーソン  Laurie Anderson    スモーク・リングス  Smoke Rings
from ホーム・オブ・ザ・ブレイヴ   Home Of The Brave   1986年

この人はヴォーカリストというよりはパフォーマー的な要素が強いと思います。(ダンナはなんと故ルー・リード)
この曲もサントラなんですが映像版の音響に比べると低音域ビンビンで気持ちヨカです。
映像は引き気味のショットが多く、イマイチ感が拭えませんが当時の所謂「トンガッた」感覚がよきかなですね。


他にはリジー・メルシエ・デクルー Lizzy Mercier Descloux  ヴァネッサ・ダウ Vanessa Daou  ノーマ・ウィンストン Norma Winstone アネット・ピーコック Annette Peacock  トレイシー・ソーン Tracey Thorn といった辺りが次点になります……


ところで今年の私的なトピックスとしては「超パダワン アナキン・スカイウォーカー」の出現が挙げられます……
学生時代に少々、ここ10年位は「劇団ひとり」の如くシコシコと懐中時計を楽しんでおりましたが身近にコアなコレクターが出現したコトは大いに嬉しく楽しいモノであります。

また師匠であるマスター・ヨーダが体調を崩しておりますので一日も早い復帰を願っております。


さてさて、それでは皆様もお体に気をつけてよいお年をお迎え下さい。
そして来年もまた宜しくお願い致します。
                     
店主合掌
スポンサーサイト
 HOME 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。