スポンサーサイト

Posted by pitmorioka on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゴールデンウィークはイマイチです。

Posted by pitmorioka on 29.2014 未分類 10 comments 0 trackback
先週末辺りから当地でも一気に桜が咲き始めました。
自宅近くの前九年公園は隠れた桜の名所ですが今日辺りは既に散ってしまいました。
先週は堅い蕾だった小岩井農場辺りは今頃が花盛りかもしれません。

自宅の庭の椿は満開で見事な大輪の花を咲かせており、生命の鼓動を感じる様な今日この頃です。

花の命は短いですが命脈は途切れる事なくシンシンと続いていくんですね。


ちょっと荷物が遅れている様ですが新製品が入荷致しました。


ミニチャンプス 1/43 メルセデスF1 W03 2012年 M・シューマッハ ヨーロッパGP 3位 8420円

ミニチャンプス 1/43 メルセデスF1 W03 2012年 M・シューマッハ ブラジルGP   7560円

ミニチャンプス 1/43 マクラーレン MP4/28 2013年 J・バトン           8100円

TSM 1/43 マクラーレン MP4/5 1989年 モナコGP優勝 No1 A・セナ     8855円

TSM 1/43 アルファロメオ TIPO33 ストラダーレ 1967年 プロトタイプ      8420円

オートアート 1/18 日産 スカイライン R32 GT-R GrA No12 カルソニック  22460円

スパーク 1/43 アルファロメオ 179C No22 1981年 ロングビーチGP アンドレッティ 7125円

スパーク 1/43 メルセデス F1 W04 2013年 No9 イギリスGP優勝 N・ロズベルグ  7125円

エブロ 1/43 イワサキ OGTレーシング GT-R 2013年 SGT300 No30  7020円

エブロ 1/43 日産 スカイライン 2000GTレーシング 1972年 東京モーターショー  7775円

エブロ 1/43 日産 R35 GT-R ニスモ ダークマットグレー             5180円

エブロ 1/43 日産 R35 GT-R ニスモ メタリックシルバー             5180円



4月に入りまして消費税が8%に上がり世間全般では高額商品の販売が鈍化しているみたいです。
ミニカーなんてブツも嗜好品であり、世間全般からすると高額商品になるのでしょうか……

当店では元々「売れていた」というワケではありませんでしたので「売れなくなった」というホドではありませんが全般的には低調なのは相変わらずであります(トホホです)

それにもまして痛いのは各メーカーの値上げ攻勢ですね……
特にミニチャンプスとエブロは上がりました…… 感覚的には「倍位になった」というカンジでして…
これではお客様も慎重にならざるを得ない状況と言いますか… キビシイですね。


と、まぁ ツマラン愚痴はこれ位にして今回はMO様の愛車をご紹介致します。
以前に話題?にもなった第7次スカイライン…… スカイライン HR31 GTS-X ターボになります。

で、撮影地は結局は当店駐車場になってしまいました……ので画像のイマイチ感は拭えませんがご覧下さい。

R31

ウ~ン イマドキの車にはないボクシーなスタイルであり尚且つ精悍なご面相でありますね。


R32-2

リアビューはこんなカンジ… やっぱりボクシーです。 これで結構なかなかな爆音仕様です。


R31-4

これぞ80年代っ という雰囲気満点のインパネ廻り…… 断崖絶壁であります。


R31-4B

「もひとつオマケに」と言いますか「コレだけは外せない」という例のブツ……
コレが「自動で現れる良いスポイラー」!! ご本人曰く「自分にゃ見えんのがタマに疵」ってもっともですね。

MO様はR34GT-R、R33GT-R、R31GTS-Xと3台のスカイラインを気分で乗り分けるワケですからラブスカ盛岡代表の名に恥じない愛好家ですね。   単純にウラヤマシイです……

また、海の向こう側にも Love Suka Guys が沢山いらっしゃるなんて素晴らしいコトではないでしょうか。
いつの間にかMO様が親善大使みたいになってしまったのも微笑ましいですね。


と、まぁ 今回の目玉はやっぱり例のスポイラーでしょう。 私も見るまでは知りませんでした……


さてさて、今回のニッチな…は前回に続けての音楽編でキーワードは「漢」であります。
モチロン漢字のカンとかではなくて所謂「オトコ」であります。 
何と言いますか凛とした品格と哀感が漂う声の持ち主の特集になります。



ジョン・ウェットン John Wetton 土曜日の本 Book of Saturday from Larks' Tongues in Aspic 1973

ご存知、元キング・クリムゾンのベース兼ヴォーカル担当の人でしてベースも非常にテクニカルで上手いのですが、声がまた何とも素晴らしく渋くて深みがあります。
私も当然キンクリ大好き人間ですが古いタイプのファンなもので通称の「後期3部作」が一番好きです。
もしかして一般的にはエイジアのヴォーカルとしての方が有名かもしれないのが私的に残念無念?


モリッシー Morrissey  サファー・リトル・チルドレン Suffer Little Children from The Smiths 1984

スミスは何故かアルバムのイメージが余りありません。 それだけシングルのイメージが強いのかも……
この曲はシングルカットはされていないと思いますがマーのアンビエントな循環コードが印象的です。
昔ですが知人に聞かせたら「お経みたいだね」と言われて、ある意味「ナルホド」と思いました(笑)
デレク・ジャーマンが制作したPVが多く、How Soon Is Now ? のタコ踊りはイカしております。


ピーター・ハミル Peter Hammill ヨーガ (On Tuesday's She Used To Do) Yoga from Over 1977

元VDGGといってもプログレに興味のない方は何やらサッパリというのは当然です。それで良いと思います。
ロイ・ハーパーと並んでイギリスの古参兵であり重鎮ですね。ミュージシャンズ・ミュージシャンの代表の一人。
「血液型は何ですか?」と問うと躊躇なく「ブルー」と答えそうな品格を感じます。


今日は火曜日で本来は定休日でしたが祝日でしたので営業しておりました。
で、内容的にはサッパリであります(悲) 代わりに明日30日はお休みになります。
毎年の事ではありますがゴールデンウィークは結構ヒマなんです。
スポンサーサイト
 HOME 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。