スポンサーサイト

Posted by pitmorioka on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

少しばかり入荷しました。

Posted by pitmorioka on 30.2013 未分類 5 comments 0 trackback
最近は日を追う毎に天は高くなり確実に秋の深まりを感じます。
今日で9月も終わりですが市内の中津川にはサケが産卵の為に遡上しているみたいです。

しかしながらサケっていうお魚クンも不思議なサカナですね。
川で生まれて海に下り、育ったのちに生まれた川に戻ってきて子孫を残して生涯を終える……

鳥や蝶の渡りもそうですが人知では窺い知ることの出来ない本能です。
人間もそういった本能みたいなモノを持っていたとは思いますが立ち上がった時に忘れてしまったんでしょうね…

先週末には新製品が入荷しました。


エブロ 1/43 ペトロナス・トムス SC430 2013年スーパーGT No36    6825円

エブロ 1/43 デンソー・コベルコ SC430 2013年スーパーGT No39    6825円

エブロ 1/43 チーム・無限 2012年 フォーミュラ・ニッポン No15 佐藤琢磨  7560円

オートアート 1/18 ホンダ NSX タイプR 1992年 ホワイト 再入荷     20790円

TSM 1/18 ロータス 56 1968年 インディ500 No70 G・ヒル    23100円

TSM 1/18 ポルシェ 959/50 1986年ダカールラリーウイナー No186  23100円

TSM 1/43 ロールスロイス シルバークラウドⅢ 1963年 ホワイト      9240円

TSM 1/43 マクラーレン P1  2012年 オレンジメタリック        9450円

TSM 1/43 マクラーレン F1 GTR 1996年 ズーハイ No6      8190円

TSM 1/43 シボレー・コルベット L88 1972年 セブリング No57   8190円 

スパーク 1/43 アルファロメオ 179 1979年 カナダGP No36 V・ブランビラ  6500円

スパーク 1/43 ポルシェ 962C 1985年 デイトナウイナー No8 T・ブーツェン他 6800円

ミニチャンプス 1/43 メルセデスベンツ 300SLR 1955年ルマン No21    7875円


一時はフジミ模型扱いになっていて「サジを投げられた」トゥルースケールのモデルが発売されました。

皆一様に仕上がりは良好ですが特にマクラーレンのP1が良いカンジです。
綺麗なオレンジメタリックでうねる様なボディラインが艶めかしいです。
コルベットもまたグラマラスで70年代のアメリカ車の魅力溢れるクルマになっております。

1/18のロータス56は前回のモデルに続いてインディ500のマシンで蛍光オレンジのSTPカラーも鮮やか!
ディティールの仕上がりも良好でイチオシになっております。

エブロから発売された2012年のフォーミュラ・ニッポンでスポット参戦した琢磨のマシンはユニークなカラーリングでなかなかにコッコよろしの仕上がりになっておりますが今年のSUGOではスタートでエンストってカッコよろしくないですね。

今月はホビーショーもあり各メーカーは年末に向けて新製品を発表しますので皆様の琴線に触れる様なモデルが多数発売される事を期待したいんですが……実際はどうでしょうか…


さて今回のM&M(ムービー・アンド・ミュージック)のキーワードは何にしようかと思っておりましたが「フと何となく」思いついた「陶酔感」でいってみたいと思います。

何かに憑りつかれたような至福?の陶酔感に満ちている様な映画です。


エル・トポ  El Topo   1970年   アレハンドロ・ホドロフスキー

ジョン・レノンが興行権を取得したという事でも有名な映画になりますね。
初見の時には「??!!」でしたが透明で奇妙な陶酔感に満ちたフイルムだと思います。
今見ても古さは全く感じられず、制作年が信じられません。


裸のランチ  Naked Lunch  1991年  デヴィッド・クローネンバーグ

バロウズの原作は未読ですが、この映画の迸る様なイメージの奔流にはクラクラします。
クローネンバーグは識域下の世界を描く事に長けた監督だと思います。
デッド・リンガーズなんかも「ズキズキ来る」映画ですね。


イレイザーヘッド   Eraserhead   1977年  デヴィッド・リンチ

変態?リンチの処女作にして最高傑作?!
サウンド・デザインが素晴らしいのですがリマスター版でもイマイチの音質……何とかならないモノでしょうか…
ところでリンチの作品に「何故?」とかはイミをなし得ません。
夢の世界には時系列とか関係無いですから……これは体験する悪夢とも言うべき映画かと思います。


今回はカルトな監督のカルトな映画が並んでしまいました……
決して間口は広くはないのですがハマると底なしになる魅力を持っていると思います。

ところで以前「南国育ち」というスロットでストレート2022Pハマった事があります。
天井越えのモードに入ったのはこの時一回だけでしたが「底が見えない」って凄くコワいです。

「怖いモノ見たさ」は映画だけで充分ですね……


  





スポンサーサイト
 HOME 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。