スポンサーサイト

Posted by pitmorioka on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レッドブル全壊

Posted by pitmorioka on 28.2010 未分類 0 comments 0 trackback
この前の日曜日は初開催の韓国GPでしたね。

サーキットの工事が遅れに遅れ開催が危ぶまれましたが、なんとか滑り込みで間に合いました。
本選は大雨で開始が遅れた上にペースカー先導でしたが数週で赤旗中断。

再開後も17週はペースカー先導でしたのでレースの1/3はレースになりませんでした。
再開して間もなくポイントリーダーのウェーバーが痛恨のスピン。
ロズベルグを道連れにリタイア! 痛恨のノーポイントです。

その後はチームによって早めのインターミディエットへの交換等、路面変化への対応が面白かったんですがアタマの方はベッテルとアロンソの攻防でした。

アロンソもプッシュしていましたが抜くには至らずベッテル優勝かな~と思っていた時にエンジンブロー!!
ベッテルも痛恨のノーポイントでレッドブルはダブルリタイアで全壊しました。

一見すると単にベッテルの不運の様に見えますが、これはアロンソの力が影響大だと思います。

ベッテルは常にトップを走っていましたがレースコントロールするまでは至らず、ミラーには常に赤いマシンが映っていたと思います。
そうするとベッテルもペースを下げるわけにはいかず、タイヤやエンジンにはそれなりの負担が掛かりますしミスも誘発しますね。

これはボディーブローの様なもので一発ノックアウトにはなりませんがジワジワと効いてくると思います。

ベッテルは速いですしトップを一人旅の時は圧倒的な勝ち方をします。

ですが経験値はアロンソの方が遥かに高いですから今回はその差が出たレースだと思います。

アロンソはニューエンジンが無いので不利かな~と思っていましたが今回のブローでベッテルのエンジンも無くなりましたから互角ですね。

ウェーバーがプレッシャーに潰されなければウェーバーにも目がありますが今回のレースを見ていると??といったところでチャンピオン争いは面白くなりました。

ハミルトンはガムシャラに来ると思いますがバトンは残念ながらサヨウナラです。

可夢偉は今回も荒れたレースを生き残って8位入賞は立派なリザルドだと思います。

スーティルに当てられた時は「終わった」と思いましたが……

これまでの日本人ドライバーの殆どは今回の様な場合はリタイアかブービー辺りが多かったと思うんですが可夢偉はかなり強い「運」も併せ持っている様に感じました。

ますます今後が楽しみなドライバーだと思いますね。
スポンサーサイト
 HOME 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。