スポンサーサイト

Posted by pitmorioka on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

良いお年をお迎え下さい。

Posted by pitmorioka on 30.2016 未分類 4 comments 0 trackback
全国のミニカーファンの皆様、おこんばんわ!!!!

実に久し振りの更新になってしまいましたが… なんと明日は大晦日でありますね。
当店も本年の営業は終了致しました。

常連の方々を初めとして皆様方には今年もお世話になり本当に有難うございました。
来る年が皆様にとって良き年になるように陰ながらお祈りしております。

今月私は実にタチの悪い感冒に罹患しまして3週間ほど死亡状況でありました。
現在はエナジー90%程度には回復してヤレヤレです。

どうやら平穏な年越しになりそうですが来年は「例によって」店舗の存続の為に「それなりに」頑張っていこうと思っております。

前回から(例によって)時間が経過しましたが次回更新時にはF様のニューカマーマシンをご紹介する予定でありました… …が肝心のF様がトンとご来店されておりませんので残念ながら「お披露目」はナシになりました。 残念無念… …

当地におきましては既に冬眠の季節になりましたので春までお預けでありますね… トホホです。


例によって今更ながらにニューモデルを幾ばくかご紹介を致します。


イグニッション 1/18 トヨタ スプリンター トレノ GT Apex(AE86) ホワイト  25,380円

イグニッション 1/43 LB-WORKS ハコスカ 2Dr シルバー/フェンダーブラック  17,820円

マキシチャンプス 1/43 マクラーレン 12C 2011年 ブルーメタリック     4,750円

マキシチャンプス 1/43 ポルシェ カイエン 2014年 レッド         4,750円

マキシチャンプス 1/43 ポルシェ パナメーラ ターボ 2011年 マットブラック   4,750円

マキシチャンプス 1/43 メルセデスベンツ 230E 1991年 シルバー         4,750円  

マキシチャンプス 1/43 メルセデスベンツ 200D 1973年 ブルー          5,185円

マキシチャンプス 1/43 メルセデスベンツ 300SL クーペ 1955年 シルバー  5,185円  

京商 1/18 ロールスロイス ファントム クーペ  ピーコックブルー       28,080円

京商 1/18 シェルビー コブラ 427 S/C ブルー/イエローライン       15,980円

京商 1/18 日産 シーマ ハイブリッド 各色               16,200円

イデア 1/18 ロケットバニー RX-7 FD3S パールホワイト       32,180円

CMC 1/18 メルセデスベンツ LKWレーシングトランスポーター 1934年 ブルー 90,720円

ルックスマート 1/18 フェラーリ SF16-H No5 ベッテル 2016年オーストラリアGP 30,240円

スパーク 1/43  トヨタ TS050 Hybrid #5 2016年 ルマン 中嶋一貴他    7,340円

スパーク 1/43  ジャガー XJR9 #2 1988年 ルマンウイナー        7,560円

スパーク 1/43  サーティース TS19 #18 1976年 日本GP 高原敬武    7,340円

CAM 1/43 日産 セドリック カスタム 130型  各色      8,205円


CMCのトランスポーターは一見すると幌付きのトラックにしか見えませんが実は立派なレーシングトランスポーターです。
価格も立派ですが素晴らしい造り込みです。
1954年型のトランポをお持ちの方は2台並べたいトコロではないでしょうか… 
積載するマシンはW25かW125辺りになるかと思います。

京商の1/18モデルも手堅い仕上がりです。
ファントムはクーペですがコイツのセダンでご来店されたお客様には度肝を抜かれました(笑)

コブラは元々は古いモデルのリメイクですが当時は数多くの賞を獲っているだけに、そのフォルムは今見ても良好です。価格がホドホドなのも値上がりがイタい昨今としては嬉しい限りです。

メイクアップのブランドのひとつであるイデアは当店では初入荷ですがアクリルケース付ですので価格的にはイグニッションと同等です。
メイクアップのモデルとしてはお求め易い?価格に納まっておりますのでオススメです。


感冒のせいもあって今月は例年以上に押しました。
何もかもが「あぁぁぁぁぁっ」といったカンジで過ぎ去ってしまいました(笑)


面白そうなハナシも特にありませんので最近拾った懐中時計を載せてみます… …

free1

別段「どうというコトもなか」的なジミィ~な時計ではありますねぇ~… …
が… フツーは付いている部品が付いていない時計になります。


free2

付いていない部品は緩急針でありますね。 まぁ 直ぐに判るワケではありますが…
USHER&COLEというメーカーの時計でマリンクロノメーターなんかを造っていたみたいです。
エンドストーンがラフカットダイヤなのもイカしております。


free3

脱進機はイングリッシュレバーで特徴的なガンギ車が… … 上手く写せませんでした(悲)
レバーとガンギの押さえが一体なのは広東時計でもよくありますね。
キャップジュエルがありますので19石は入っているかと思います。

地味ながらにナカナカの時計ですが「この方」には致命的な悪いクセがありまして… …


全姿勢で「きっちり6分」遅れます… …
「緩急針が不要な位にビシッと調整してある」ハズのフリースプラングがこれでは… …

私の手には負えそうもありませんので折を見てマスター・ヨーダにOHと歩度調整を頼んでみます。


高貴?じゃがトホホな懐中時計を恥ずかしながらお見せしましたので今回の「ニッチな… …」のコーナーは「名盤じゃがトホホな」アルバムをご紹介して2016年の締め括りに致します。

何がトホホかと言いますと… … 以下をご覧下さればお判りかと思います(笑)


「愛のカフェ・オーレ」   Offramp  パット・メセニー Pat Metheny  1982年

1983年のグラミー賞を獲っているアルバムでメセニーのギターシンセサイザーを大胆にフューチャーしております。
ECM時代のアルバムとしては非常にポップで全くECMの匂いはしません。  …と言いますかメセニーはECMのカラーには合わない様な気がするんですが気のせいでしょうか……
それにしても「売るため」の邦題なんでしょうが… 確かに「Au Lait」という曲はあるんですがねぇ


「原子心母」  Atom Heart Mother  ピンク・フロイド  Pink Floyd  1970年

こりゃまたストレート 正しく「その通り」的な邦題ですなぁ
当たり前すぎて私も当然の様に「原子心母」と言ったりしますし、ある意味大傑作的な命名なのかもしれません… アナログA面の組曲が有名ですが「真骨頂はB面にアリ」ではないでしょうか…
フロイドは元々サイケデリック・フォークのグループという一面があるかと思いますので…
ギルモアのFat Old Sun なんかは私的にサイコーです(笑)


「ギター殺人者の凱旋」  Blow by Blow  ジェフ・ベッグ  Jeff Beck  1975年

「何がどうしてこうなった」的な邦題ではあ~りませんか!!!!!
ロック・トリオBB&Aを経て発表したフュージョン的なインストアルバムになります。
音楽には余り興味の無い方でも耳にしたコトがあるであろう曲も含まれる名盤です。
命名者は天才かとも思いましたが宣伝用のポスターに書かれていた「Return Of The Axe Murderer」という文句を直訳したみたいでして意外にフツーなオチでありました。


当然ではありますが80年代半ばまではアナログ・レコードの時代でありまして、日本盤のレコードにはタスキの様なオビが付いておりました。
そこには「邦題」と共に「売る為の一言」みたいな文句が書かれておりました。

「なんたらの最高傑作」とか「プログレッシブロックの道なり」とか… …
今見直してみても意外に的を得ていたり、異様にツマラナかったりで面白いです。

1970年代辺りまでに生誕された方にはお判りかと思いますが(笑)



2016年も残り1日と少しとなりました。
重ね重ね皆様にはお世話になり大変有難うございました。

そして2017年もまた宜しくお願い致します。

お店の方は1月4日から営業致しております。
お近くの方は是非店舗の方に遊びにいらして下さい。

いつも通りに店主が一人でお迎え致します!!!!!
スポンサーサイト

国体華やかな雰囲気は全くありませんが、秋らしくなってきました。

Posted by pitmorioka on 06.2016 未分類 25 comments 0 trackback
例年以上に暑かった夏も過ぎ、市内の中津川にサケが遡上してくる季節になりました。
お向かいの運動公園では国体競技も行われております。

日の暮れ方にも秋の気配が濃厚な今日この頃ですね。

今週末はF1日本グランプリが鈴鹿にて開催されます。
今季からCSの生放送に変わった為に当店では私を初め、未見の方が多いのですが皮肉な事に今季のグランプリは、ここ数年のなかでは非常にオモシロイです。

マクラーレンは昨季の惨状からすると、まぁ相応で来季に繋がるスピードがありますし、新規参入のハースもソコソコ頑張っておりますね。

今季は私的にはニコにチャンピオンを獲ってほしいのですが後半はエンジン関係も厳しくなってきます。
マレーシアGPでは裏ワザでエンジンを増やしたハミルトンがブロー… … 果たして今後は… …

当店のお客様ではスパークのF1モデルにバンドーンのサインを書いてもらった方がいらっしゃいます。
将来的にはお宝になるかもしれませんね(笑)
また、来季はレギュレーションも大幅に変わりますから勢力図の変化も楽しみです。


最近入荷のモデルを一応?ご紹介致します。


イグニッション 1/18 ホンダ NSX (NA1) ブラック       23,540円

イグニッション 1/18 日産 スカイライン 2000 GT-R (PGC10) レッド     25,380円

ヘッドライナー 1/43 アルピーヌ A110 No28  1971年 モンテカルロ優勝車   16,740円

ホビージャパン 1/18 フェラーリ 246GT ディーノ  イエロー         41,040円

GTスピリッツ 1/18 RWB 993   ブラック                19,440円

GTスピリッツ 1/18 ブラバス 850 オプシディアンブラック          18,900円

GTスピリッツ 1/18 日産 GT-R ニスモ R35 ブリリアントパール     18,900円

GTスピリッツ 1/18 LB WORKS BMW Z4 ベイビーブルー        18,900円

オットモービル 1/12 メルセデスベンツ 190E 2.5-16 EVO 2 1990年 ブラック  43,200円

オットモービル 1/18 アルピーヌ A220 ショートテール 1969年  17,820円

オットモービル 1/18 ルノー8ゴルディニ Gr.F No23 コテ・ド・オパールラリー  17,820円

オットモービル 1/18 アルピナ B12 5.7 E31 アルピナブルー        15,660円

スパーク 1/43 レッドブルR B12 No33 M.フェルスタッペン 2016年 スペインGP優勝車   7,560円

スパーク 1/43 メルセデス ベンツ AMG GT3 No16 2015年 1st Race - 1st Win     7,560円

スパーク 1/43 マーチ 711 No26 N.ラウダ 1971年オーストリアGP        7,340円

スパーク 1/43 フォード Mk2 No1 マイルズ/フルム 1966年ルマン 2位  7,340円

スパーク 1/43 フォード Mk2 No5 バックナム/ハッチソン 1966年ルマン 3位   7,340円

スパーク 1/43 ポルシェ 911 カレラRS 1973年 ブルー              3,885円

スパーク 1/43 ポルシェ 911 ターボ 1975年  ブラック               3,885円

スパーク 1/43 ポルシェ 911 SCカブリオレ 1983年 レッド            3,885円  

スパーク 1/43 ルノーTwizy Renault Sport 2015年  ブルー/イエロー     3,885円
 

今回はマックス・フェルスタッペンの初優勝モデルがオススメです。
シーズン中の移籍も珍しいですが初戦でイキナリ勝つ辺りは並みでは出来ないワザ… …
他人の不幸さえも自分の幸福にしてしまう辺りは「持ってる」モノがあるのでしょう…

今季のレッドブルは艶の無いフラットな塗装なのでモデル製作は結構難しいと思いますが納得の仕上がりになっております。非常にカッコよく見えます。

価格のお手頃なポルシェ関係はダイキャスト製になります。
仕上がりはソコソコですが原点回帰と言いますか、宜しいのではないかと思います。

ホビージャパンの246GTも綺麗な仕上がりです。
1/18のディーノは良いモデルがありませんでしたが決定版です。(未開閉レジンモデルではありますが)

レイズのセルシオは全くもって入荷が少なく、お間に合わせする事が出来ませんでした。
ご希望の方々には大変申し訳ございませんでした。


前回予告のF様のブルメタカーが未だ上がってきません… … 残念無念……

そこで最近ご来店頂いておりますヤングHimu様が最近購入されたクルマをご紹介致します。


serika1.jpg

おぉぉぉぉぉ コリは懐かしい!!!  6代目セリカのGT-FOURですねぇ
ホワイトというのがベース車両みたいでカッコヨロシじゃぁないでしょうか。


serika2.jpg

迫力のリアウイングですが何やらコダワリがあるそうで初期型と後期型が… … 忘れてしまいました… …テヘッ



serika3.jpg

255psを発するツインカムターボエンジン。 多少時代は感じるものの、まだまだ元気だそうな… …
インプレッションとしては「意外に速くてコワイ位デス」との事でありました。


それもそのハズ、何せHimu様は先日19歳になったばかりのヤングですので充分にマニアライク!!!!
と、言いますか初心者マークが貼られておらんがな(笑)

私も30数年前に初代セリカのリフトバックに乗っていた時期がありましたので何となく懐かしい香りを感じます。
当時で10数年落ちを10万円で買ったブロラン号ですが現在であれば立派なヴィンデージカーでしょうか(笑)



ところで先月辺りでしたかと思いますが、何かで「BBCが選んだ、21世紀最高の映画トップ100」というランキングを見つけまして「フムフム」と思う部分がありましたので今回の「ニッチな……」のコーナーは、そのランキングから拾ってみました。



マルホランド・ドライブ  Mulholland Drive   デヴィッド・リンチ  David Lynch  2001年

ぬぁんと1位獲得はマルホランド・ドライブでありました… … エッ ホォ~。
私的には好きな映画ですが、よもや1位になるとは… … ちょいとオドロキです。
現実と妄想が入り混じった判りにくいストーリーなんですが評論家受けするんでしょうか… …
この辺りはリンチワールド炸裂ってカンジで楽しめますがインランド・エンパイアは判りませんでした(笑)


SHAME -シェイム-  Shame   スティーヴ・マックイーン  Steve McQueen  2011年

ランキングとしては81位と低めですが「こんなん」もチョイスされております。
多少なれとも多くの人間が持っているであろう精神の暗部を描いた何とも暗い作品です。
バランス感覚の狂った主人公を演じる色男ファスベンダーがナカナカに凄まじいです。
ザラっとした肌触りの全く楽しめない?映画ですね。  重いシコリが残ります。
「見て後悔した映画」あるいは「親子で見られない映画」ランキングがあれば上位必至です(笑)


ツリー・オブ・ライフ  The Tree of Life    テレンス・マリック  Terrence Malick   2011年

ランキングは7位獲得ですが実にアンビエントな感覚?の問題作です。
私は初期イーノのアンビエント作品にも通じる「聖なる静寂と緊張感」の存在を感じました。
ここまで子役の目に雄弁に語らせた映画は稀ではないでしょうか。  奇跡の様な珠玉の作品です。
「2001年宇宙の旅」と比較される場合があるみたいですが似て異なる映画の様に思います。
私的には全ての生命に対する賛歌と慈愛、そして幾ばくかの諦観を描いている作品と感じました。



ツリー・オブ・ライフ… … 「常に遅れてクる」あるいは「delay 1968」的な主としましては今春が初見でした(恥)
で、見た後に「これはマズイ事になっているのでは」と思い、レビューを探してみました。

私は通常は「他人のレビューを見る」なんて事はありませんがコイツはどうしても気になりました。
初体験のレビューサーチ… … そうしましたら「案の定… …」でありまして… …



「2000本程度の映画を見たが断トツの最下位」とか「途中で観るのを放棄した」、「面白いと思う奴らの感覚を疑う」、はたまた「お金と時間のムダ、金返せ」とか酷評の嵐でありました(悲)

目立ったのは「眠くなった…」というご意見。 正しくアンビエント!!!

ある意味、どれもが的外れではないと思います。  なんせブラピとショーン・ペンが出演し「伝説の…」的なマリック監督プラス撮影監督がエマニュエル・ルベツキとくれば、「感動の大作かっ」と期待に胸が大きく膨らむのは至極当然の帰結でありますが… … 


そして… … 冒頭で「次男が亡くなった… 」となれば当然「何故に」、そうして「どうなった」と誰もが思うワケですが、本作はそういった観客の単純な疑問に明確には答えておりません。

観客が「それで どうなるん?」と思っているウチにイメージが宇宙?、火山??、海???とクれば「何コレ 天地創造、はたまた胎内回帰?」とかいった感想になりますが、CGによる恐竜とか出現して「頭ペチッ」とかに至っては「なんじゃぁ こりゃぁ」となってしまうのは当然ですね。



娯楽作品としては必要不可欠な判り易い起承転結が意識的に取り除かれている様に感じました。




また時系列も入り組んでおり、判り難さに拍車を掛けております。

私なんぞは特別感受性が豊かなワケでも、別段博学なワケでもありませんので、「この種の映画」は感性のマッサージとして観ております。

完全に深く理解する必要は無く、「肌で感じるコトが出来ればヨシ」とでも言うのでしょうか… …

ですから「なして母ちゃん浮かんどる?」とかは考えません。

私も初見時には「宗教的」あるいは「哲学的」、「抽象的」、また21世紀版「2001年宇宙の旅」といった所感がありましたが見る度にそういった表層的?な所感は薄れていきました。

また「AAAA循環コードのアンビエントでメビウスの輪か!」って所感もありましたが違いました。



テーマは全くもって普遍的。 誰もが持っているフツーの感覚を丁寧に描いた作品の様に思います。
見る角度が少し違うだけで、決して難解な映画ではありません。(と感じます)



また、こういった映画がメジャーから配給される事が重要なのではないでしょうか。
賛否が分かれるのは仕方がありませんが「何かを感じる」方が増えるのは非常に良い事だと思います。

既に公開から5年経っている訳ですが10年後の評価が楽しみな映画です。


ところで先日ビシっとスーツを着こなした方にご来店頂きまして…
「こんにちわ 実は私ブログを見まして懐中時計を… …」

と、お持ちになった時計がハミルトンの950… …

私的には「いきなりトップグレードかい!!!」と思いましたが地元で懐中ラブな方は珍しいです。
私のブツとは違い、上々の状態でした。

今後とも宜しくお願い申し上げます!!!!


950やマキシマス辺りから懐中道に入れる方は幸せなんですが、ある意味実は不幸?でもあります。
段階を追って良い時計を入手する楽しみを飛び越しているからですね(笑)

「松」から入ると後は「特」しかありませんから… …
私なんぞは「梅」から入っているのでマダマダ楽しみはたっぷり残っております。

って、「ただの負け惜しみかいっ」という声も聞こえますなぁ  気のせいでしょうか… …

オドロ木、桃の木、お化けのカー

Posted by pitmorioka on 13.2016 未分類 29 comments 0 trackback
全国のミニカーファンの皆様、おはようございます。

暑くて目が覚めると本日はお盆ではありませんか… …

ここ数カ月は心身共にイマサンの状態でご無沙汰しておりました。
店舗はフツーに営業しておりましたがココロは浦島状態の店主でありますね。


実は昨日に目の覚める様なコトが二つ程ありまして「コリはイカン」と久方振りの更新となりました。


まずは前回更新時(3月31日!!!)のコメントを昨夜遅くに何となく見てみたトコロ投稿数が5から6に増えているのに気が付きました。

しかも日が空いたせいか「承認待ちコメント」とかなっており… (私以外は閲覧不可)

投稿日は8月6日… 「何事か」と見てみるとbye-bye-man様の名があり… …


ぬぁんと Mr.bye-bye-man in Japan 日本に来ちょるんですと!!!!!!

しかも北海道の留萌におる!!!!  留萌鉄道ロンジン… …

で、翌日(7日)に当店に立ち寄ろうかというコトでありましたが… … 私が見たのは13日の夜中の1時過ぎ… …


これは大変申し訳ございませーーーーーん  としか言い様がない事態となってしまいました… ハァ

7日であれば丁度MO@クルマは愛だ様もいらっしゃったのでありますが… …残念無念であります。

何と言いますかこの場を借りて心からお詫び申し上げます。

全ては店主の慢心からの大ポカでした… … 泣




お次は目の覚める様なおクルマを撮影させて頂きました。

枚数が少なすぎて良い画像が無いんですが… …


rolls1

弩級のスーパーサルーン  ファントムです。 時間が無くて実にマズイ写真ですが実車はスゴイです。

全長約6m、全幅約2m、6750cc V12 2.7tというキラキラのモンスターです。
何と言いますか、兎に角デカいです。 ミニカーで言えばスケールを間違えた様な大きさです。
殆ど違和感に近いマスと近寄り難いオーラをまとったクルマです。




rolls2


一般的な感覚からすると本体価格は勿論ですが税金等の維持費も殆ど死亡物件になりますね。
こちらやアストン、ベントレー等は乗り手の品格も問われる様なクルマかと思います。
こういったクルマに違和感無く乗り込める方々が羨ましい限りであります。



実はスーパーヤングのF様も同じ様な色(ブルーメタリック)のおクルマを購入されたとか… …
私は未だ拝見しちょりませんが早く見せて頂きたいモノです。



今回は号外的な更新ですが「ニッチな… 」のコーナーは、何故か最近私的には結構な頻度でに聞いているスミスからセレクトしました。


80年代の雄?とも言えるイギリスのバンドであるスミス。
The Smithsとザが付くんですが何となく「スミス」と言ってしまうのは間違いなのかもしれません… …

ギター、ベース、ドラムスとシンプルなバンド構成ながらモリッシーのヒネた歌詞とマーの循環コードのギターが印象に残る楽曲が多く、意外に後世に与えた影響は大きいのではないでしょうか。

活動期間やアルバムは多くはないのですがシングルが多い関係もあって私的なチョイスを5曲程…


ビッグマウス・ストライクス・アゲイン   Bigmouth Strikes Again   1985年

マーのキレの良いギターワークがかっきい曲です。
「ほら吹き野郎にまたしてもヤラれた」とでも言うんでしょうか… イカシたタイトル!!!


ゼア・イズ・ア・ライト  There Is a Light That Never Goes Out  1985年

これは歌詞も曲も切ないです!!! (ふいに聞くと泣けてしまう位に)
当時のアイコンたるモリッシーの声の表現力には脱帽ですね。


ヘヴン・ノウズ  Heaven Knows I'm Miserable Now  1984年

「明るい曲調に風刺の利いた暗い歌詞」というスミスの真骨頂!!
ファルセットがキライな方には向きませんが… …


ザット・ジョーク・イズント・ファニー・エニモア  That Joke Isn't Funny Anymore 1985年

正しくタイトル通りとしか言い様がありません。気が遠くなる程の閉塞的な解放感??
ラストのリフレインが心の奥底に届きそうな曲です。


サファー・リトル・チルドレン  Suffer Little Children  1984年

これは暗いです。曲も歌詞も暗いです。しかし正しくスミスです。
でも1曲と言われたら選ぶかもしれない私的な名曲です。


次点はありすぎるんですがスミスとしては異彩なHow Soon Is Now?を挙げておきます。
デレク・ジャーマンの手によるPVが文句なしにかっきいです。(タコ踊りもある)

Hand in GloveやThe Boy with the Thorn in His Side がモレましたが貴方のオススメはなんでしょうか(笑)




今回は「た、たいっへん 申し訳ありゃぁせんでした」的な号外的更新でした。
システマティック作戦は既に崩壊しましたが、もうちっと頑張ります。

北海道の留萌ですか… 
留萌鉄道のロンジンは何処へ行ってしまったのでしょうか… 独り言です。

季節は巡ります。

Posted by pitmorioka on 31.2016 未分類 7 comments 0 trackback
続きとして近日再登場の予定が本日は3週間が経ち年度末の3月31日です!!!

まぁ 予定調和的と言いますか、つまりは相変わらず通常モードで爆連モードへの移行は無しといったトコロであります(笑)  333はREGで設定は1といった立ち位置になります(悲)


一時期は三寒四温の通りにポカポカしたり雪が降ったりの情緒不安定的なお天気でしたが、ここにきて春本番といったウララカで気持ちの良い気候です。

しかしながら花粉症ではない私ですらムズムズする様なイガラっぽさはチョイと困りモノですが、これは毎年の事なので仕方がありませんね……

花粉症は年齢に関係なく突如として発症するみたいですので私もMAXが近いのかもしれません。
目がショボショボするのを防ぐにはどうすれば良いんでしょうか…


ところで今季のF1も開幕致しました。
致しました事は致しましたが実に困った事態になってしまいました……

周知の如く、今年からBS放送が終了し、CS生中継のみになってしまった件ですね。
私の場合はTVは殆ど見ませんのでCSは当然の如く未契約です。

F1ファンの方々の多くはBS派の方が多い様な気が致しますが如何なモノでしょうか。
と、言うワケでダイジェスト版の動画等をチョロっと見ただけですが懸案事項が増えてしましました……

当店のお客様でも思案中の方が多くいらっしゃいます…… 困ったモノです。


しかしながらアロンソの大クラッシュは凄まじかったですね。
2007年のカナダGPでのクビサの大クラッシュを彷彿させる様な大きな事故でしたがヒョコっと自力でマシンから出てきた位ですから現代F1は往年に比較すると安全性では飛躍的に向上していると言えるかと思います。

雰囲気としては今季もメルセデスの強さは相変わらずですが、フェラーリ肉迫、トロロッソ意外に速い、マノー相変わらず遅い(メルセデスエンジンでも)といったカンジみたいです。

マクラーレンを初めとしてハースとルノー、新人ドライバーの走りを見たかったのですが今週末は早くも2戦目バーレーンGPになります。  ナイトレースで綺麗なんですが…… 見られません(悲)



前回から時間も経ちましたので新製品も入荷しております。


レイズ特注 1/43 トヨタ クラウン (GRS202) 2014年 大阪府警察高速道路交通警察隊車両    6,480円

ミニチャンプス 1/18 メルセデス AMG F1 2015年 ハミルトン フラッグ付           24,840円

ミニチャンプス 1/43 ブラバム アルファロメオ BT45C No1 1978年 N.ラウダ         9,720円

ミニチャンプス 1/43 レッドブル RB10 No3 D.リカルド 2014年 カナダGP 優勝車      9,180円

ミニチャンプス 1/43 メルセデス AMG F1 2014年 ハミルトン 日本GP 優勝車      11,340円

GTスピリッツ 1/18 ケーニッヒ コンペティション エヴォリューション  レッド          18,900円

オットモ-ビル 1/18 フェラーリ 308GTB グループB  ブルー                   17,820円

オットモービル 1/18 日産 スカイライン R33 ニスモ400R   イエロー             15,660円

ABモデル 1/18 ジャガー XJR12 No3 シルクカット 1990年 ルマン 優勝車         32,400円

スパーク 1/43 ポルシェ 936/77 No4 J.イクス他 1977 年 ルマン 優勝車         7,560円

スパーク 1/43 ニッサン GT-R LMニスモ No22 2015年 ルマン                7,340円

スパーク特注 1/43 BMW 635 Csi No25 1983年 スパ                      7,560円

CMC 1/18 フェラーリ 250GTO  1962年  レッド                         59,400円



GTスピリッツのケーニッヒは艶やかな仕上がりで1/18では初のモデル化になりお薦めです。
オットーブランドの308もライトポッドが迫力でカッコよろしです。

今回のイチオシは同じフェラーリでもヴィンデージ系の250GTOになります。


gto1.jpg

量産モデルでは随一の完成度を誇るCMCから漸く発売されました。


gto2.jpg

リアビューも「カッコよろし」であります。  迫力のテールエンドになります。


gto3.jpg

CMCと言えばワイヤーホイール!!!  切削リムに加えて根元のニップルやエアバルブも金属で再現されております。


gto4.jpg

室内も抜かりなしの仕上がりで、往年の雰囲気が楽しめます。


CMCと言えば意外に「的を外した」的なマニアライクな車種選定が特徴?とも言えるかと思いますが待っていた方も多いかと思われる真打のモデルが登場しました。

かなり前に250SWBが発売された時に「何故に62年型GTOではないの」と私も思いました。
(ロードカーとしての美しさは互角ですが知名度はGTOの方が高いと思います。 312PBの時も何故に330P4でないのかと思ったのと一緒かもしれません)


実車は石油王や著名デザイナーのガレージ、または博物館でしか目にする事は出来ませんがミニカーなら……


と、言ったトコロで押し迫ってしましました。
「ニッチな…」を前回もお休み致しましたが今回も押し迫ってしましましたので「この3曲」で押し切ります。

「通り過ぎてもうた…」のRadioheadから一般的に「いぃんでね」の3曲をセレクトしてみました。



ジャスト Just    from ザ・ベンズ The Bends  1995年

初期のロック的なダイナミズムを強く感じさせるリフがカッコイイ曲です。



ザ・ナショナル・アンセム The National Anthem   from キッド エー  Kid A   2000年

プログレ的な要素も含んだ楽曲で乱立するホーンが気持ちヨカです。



ゼア・ゼア There There    from ヘイル・トゥ・ザ・シーフ  Hail to the Thief   2003年

内省的になっていく後期のアルバムの中ではハードロッキンしているドライヴ感溢れる曲ですね。


次点と言いますか落としたくないのがKid AのTreefingersでしてイーノばりのアンビエント!!!!
次曲への繋がりもスムーズでカッコええです。

改めて拝聴すると実に名曲が多くてビックリします。  未聴の方には是非オススメです。



なんか気忙し無く次回へと繋がります   (ホントか?)

あの日から………

Posted by pitmorioka on 11.2016 未分類 0 comments 0 trackback
盛岡では桃の節句に40センチを超えるドカ雪が降りました。
今冬一番の降雪が雛祭りの日とは皮肉なモノですが春の日差しのお蔭でみるみるウチに消え去りました。

そして迎えた本日は「あの日」になりますね。
思えば「あの日」から5年という歳月が流れました。

5年という時間の経過は人によって長短はあるかと思いますが時間だけでは癒えないキズもあります。
当店に来店されたお客様でも何人かの方が家を流されております。

正に5年前の「今この時」は私も電気の途絶えた店で呆然としておりました。
亡くなった方々のご冥福をお祈りすると共に被災された方々には改めてお見舞い申し上げます。

「明けない夜は無い」とも言いますので出来る事からひとつずつ……



暖かくなると共に体がムズムズとしてくる…というコトはありませんがモータースポーツの話題も賑やかになってきました。  F1も20日にオーストラリアで開幕します。

今季はドライバーの移籍が少なかったのですが、気になるのはホンダです。
名門マクラーレンとタッグを組んでの昨季は史上稀にみるとも言うべき惨憺たるシーズンでした。

テストの結果からすると「信頼性は向上したがパワーはまだまだ」といったトコロでしょうか……
実質的に今季前半は「確実なQ1突破、時折Q3」と「ポイントゲット」、後半に「常時Q3はイケる」と「運よく表彰台」になれば良いんではないか?と私的には思っております。

優勝とチャンピオンシップ争いは未だ先の事ではないでしょうか…
勿論予期せぬ誤算がプラスに働けば言うコト無しですがマイナスにだけはなってほしくないモノです。

新生ルノーと新規参入ハースも気になります。 私的にグロージャンには頑張ってほしいです。


ちょいと間が空きましたがニューモデルのご紹介になります。


スパーク 1/43 ブガッティ 57C No1 1939年 ルマン優勝車 J.P.ウィミール他          7,560円

スパーク 1/43 ブガッティ 57G No2 1937年 ルマン優勝車 J.P.ウィミール他          7,560円

スパーク 1/43 ベントレーT1 2ドア サルーン 1967年 ブルー                    7,560円

スパーク 1/43 ベントレー タイプR 1954年 メタリックグリーン                    7,560円

スパーク 1/43 BRM P261 No4 J.スチュワート 1967年モナコ                   7,340円

スパーク 1/43 メルセデス W06 withピットボード No44 L.ハミルトン 2015年U.S.GP     7,560円

スパーク 1/43 マクラーレン MP4/1 No7 J.ワトソン 1981年イギリスGP優勝車        7,340円

スパーク 1/43 アルファロメオ 177 No35 B.ジャコメリ 1979年ベルギーGP           7,340円

スパーク 1/43 リジェ JS9 No26 J.ラフィー 1978年スペインGP                  7,340円

スパーク 1/43 マクラーレン MP4/1B No8 N.ラウダ 1982年ロングビーチGP          7,340円

スパーク 1/43 ブラバム BT42 No10 C.ロイテマン 1973年U.S.GP                7,340円

スパーク 1/43 フォード GT40 No15 G.リジェ/B.グロスマン 1966年ルマン           7,340円

スパーク 1/43 ポルシェ 936/81 No11 J.イクス/D.ベル 1981年ルマン優勝車         7,560円

スパーク 1/43 ニッサン GT-Rニスモ No21 2015年 ルマン 松田次生他            7,340円

特注スパーク 1/43  メルセデスベンツ 190E 2.3 1986年 レイトンハウス No16        9,285円

ルックスマート 1/18 フェラーリ SF15-T No5 S.ヴェッテル 2015年マレーシアGP優勝車   29,700円

ルックスマート 1/18 フェラーリ 250LM No21 M.グレゴリー/J.リント 1965年ルマン優勝車  29,700円

オートアート 1/18 ニッサン フェアレディ Z432 オレンジ                       21,380円

オートアート 1/18 アルファロメオ 4C メタリックレッド                         18,140円

オートアート 1/18 マツダ 787B No55 J.ハーバート他 1991年ルマン優勝車          30,020円

ミニチャンプス 1/43 ブラバス 850 S63 Sクラス 2014年 ブラック                 14,580円

ミニチャンプス 1/43 ブラバム アルファ ロメオ BT46 No66 N. ピケ 1978年カナダGP      9,720円

レイズ 1/43 ニッサンNV350 キャラバン(E26) 神奈川県警察所轄署誘導標識車両 2013年 7,020円

レイズ 1/43 ニッサンNV350 キャラバン(E26) 警察本部鑑識課鑑識車両 2014年      7,020円

京商 1/18 レクサス RCF 2015年 ヒートブルー・コントラスト                   16,200円 

京商 1/18 レクサス RCF 2015年 ラヴォオレンジ・クリスタル                  16,200円

ブルム 1/43 フェラーリ 312T5 1980年 ブラジルGP No2 J.ヴィルヌーブ           10,580円

エブロ 1/43 ゼント セルモ RCF No38 2015年 スーパーGT                   9,180円



オートアートの787Bは再々生産ですが蛍光オレンジの発色が良好です。
旧価格からすると値段は上がっておりますが新規の金型で製作すると「この価格では出せない」と思う精密さでお薦めです。

今年からフェラーリの版権はブラーゴに移行しており、ミニカーマニアにとっては全くもって「トホホ」な状況ですが、その様な方にはルックスマートがあります。
製作はスパークかと思われますが仕上がりは良好で、まずは満足出来るかと思います。

アクリル製の展示ケースが付いての値段ですのでスパークと比較しても意外に割高感は感じられません。
まぁ 一般的には「ケースはいらんから安くしてくりぃ」といったトコロかとは思いますが(笑い)


先週位から白鳥の北帰行が目立つようになりました。
V字型に連なって鳴きながら飛び去る姿は当地の風物詩と言えるかと思います。

当地では白鳥の飛来と共に冬が訪れ、北帰行と共に春の訪れを感じます。
青空とのコントラストが美しく、凛とした姿は見とれてしまいますね。

川ではサケの稚魚の放流も盛んに行われており、何年ヶ後の秋には生まれ故郷の川に戻ってきます。
この季節になると童心に戻って子供達と一緒に「また来てね~」と声を掛けたくなります(笑) 



最近はヤフオクの懐中クジで続けてハズレを引いてしまい意気消沈しております。
大体「ワンダースカッツ」でピンと来ない辺りで「調子イマイチ」感が満ち満ちておりますね。

どうにもフォースに翳りが見えてきている様です(笑)
折角のワンダースカッツ様の機転を無為にしてしまいました…… 420様のフォローに感謝致します。

先日からヤフオクはIDが全く見えなくなり極めてやり難いです。
パルパティーン一派が……


おぉぉ なんか 立て込んできました… 近日中に再登場致します(ホントかね)
 HOME 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。